WEB2.0

RSS

  • 【和読】アールエスエス
  • 【英訳】Rich Site Summary

意味

  • 主にサイトの更新情報公開等に使用される、統一されたフォーマット。
    RSSのファイルには、
    ・タイトル
    ・アドレス
    ・見出し
    ・要約
    ・更新時刻
    等が記述されている。

RSS実現例

  1. WEBサイトの情報提供者による準備
    1. RSS情報の準備
      RSSの決まったフォーマットに情報を記述する。 拡張子がrdfのテキストファイルが多い。
      情報は2階層になる場合が多い。
      □フォーマット
      タイトル ※チャンネル情報
      ┗見出し ※アイテム情報
      ┗見出し ※アイテム情報
      (例)
      世界大恐慌関連ニュース
      ┗自動車生産計画の見直し・・・
      ┗相次ぐリストラ・・・
      ※チャンネル情報→チャンネルのタイトルや代表URL、 その要約等が書かれる。
      ※アイテム情報→アイテムのタイトルやURL、その要約等が書かれる。
    2. RSS情報の公開
      WEBサイトにRSSフォーマットのファイルをアップして案内する。
  2. ユーザーによる準備
    1. RSSリーダーの準備
      RSSリーダーをインストール
    2. WEBサイト(チャンネル)の登録・読込
      RSSリーダーから見たいWEBサイト(チャンネル)のRSS情報を登録し読み込む。 ※複数登録可能
      登録リンク先を「RSSフィールド」と呼ぶ場合がある。
    3. RSSリーダーの起動
  3. ユーザーによる利用
    1. 更新情報の一覧表示
      種類の違う複数WEBサイトの更新情報を一覧画面で把握できる。

関連書籍


[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
OpenPress オープンプレス|無料のプレスリリース投稿
気になる現在・時事用語 気になる経理用語辞典


Last-modified: 2007-12-01 (土) 22:59:15 (3735d)


Copyright © WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社