ソフトウェア

Windows7

  • 【和読】ウィンドウズ セブン

意味

  • マイクロソフトのパソコン用OS。Windows Vistaの後続バージョン。
    画面の見た目はWindows Vistaに類似している。日本では、2009年10月22日に発売。

Windows7の主な特徴

  • パフォーマンス・動作速度の高速性
    Windows Vistaと比較した場合、起動速度の向上や、OSによるメモリ消費量が減少している。
  • 互換性
    Windows Vistaとの互換性が高い。(周辺機器のデバイスドライバ等)
  • セキュリティ
  • UACのレベル設定が可能になった。(Windows Vistaでは、UACをオフにするユーザーが多かった。)
  • ドライブを暗号化する機能「BitLocker」が搭載された。(非対応のエディション有り)USBメモリの暗号化にも対応している。

Windows 7の想定注意点

  • WindowsXPからの移行の場合はクリーン・インストールが発生
    Windows Vistaからの移行の場合はアップグレードが可能だが、WindowsXPからの移行の場合、クリーン・インストール(バックアップを取って新規のOSインストール)が発生する。
  • Windows 7には標準のメールソフトが付属されていない
    Windows XPの「Outlook Express」、Windows Vistaの「Windowsメール」といったOS標準のメールソフトが、Windows 7では添付されていない。そのため、Windows 7では必要な場合、マイクロソフトが提供するメールソフトの「Windows Liveメール」等を別途ダウンロードをしてインストールする必要がある。また、旧OSからのデータ移行の場合、メール関連のデータの扱いには注意を要する。

Windows XPモードの特徴と想定注意点

  • 仮想のWindows XP環境
    Windows 7には、XP互換モードの他に、よりWindows XPとの互換性を重視したWindows XPモードという機能がある。導入をすると、Windows 7のデスクトップからWindows XP対応のソフトを、(仮想のWindows XP環境上で)直接起動する事が出来る。ただし、動作させる為には下記の様な想定の注意点がある。
  • エディションは「Professional」以上
    Windows 7のエディションが「Professional」「Ultimate」等である必要がある。
  • ハードウェアが仮想化支援機能に対応している必要がある
    CPUに仮想化支援機能等があり、さらにパソコン内のBIOSでそれが有効になっている必要がある。
    インテル製CPUの場合は、「Intel VT」(Intel Virtualization Technology)等になる。
    AMD製CPUの場合は、「AMD-V」(AMD Virtualization)等になる。
  • 別途ダウンロードして導入する必要
    Windows XPモードは、別途ダウンロードしてインストールをする必要がある。
  • パソコンの処理に負担
    仮想のWindows XP環境が別途起動される為、パソコンのリソースが多く使用され、動作が重くなる場合が多くなる。

Windows 7の主な製品


[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
OpenPress オープンプレス|無料のプレスリリース投稿
気になる現在・時事用語 気になる経理用語辞典


Last-modified: 2009-10-18 (日) 01:17:08 (3049d)


Copyright © WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社