システム

クラウドコンピューティング

  • 【英訳】cloud computing

意味

  • 個人や企業の情報管理・必要とする機能をインターネット上で実現する利用形態。
    利用者はそのシステムが稼動しているサーバー等を意識することなく利用出来る。
    SaaS(サーズ)はクラウドコンピューティングのひとつとも言える。

クラウドコンピューティングの活用ジャンル

  • 下記のようなジャンルでの活用事例が増加している。
  1. 無料または安価なメールの記録・使用
  2. 無料または安価なファイル管理(オフィス系の文章・表計算・オンラインストレージ等)
  3. 安価なグループウェア管理サービス
  4. 安価なCRM管理サービス

クラウド展開の増加傾向

  • 従来型のソフトウエア(ソフトウエア製品をパソコン・専用サーバー等へインストールする社内保有タイプ等)を提供する大手企業(代表例:マイクロソフト)は、クラウドコンピューティングのサービスを予定・展開しているケースが増加している。

クラウドコンピューティングの課題

  • クラウドコンピューティングの課題としては下記が考えられる。
  1. セキュリティの問題
  2. 障害発生時の対応・原因特定が容易ではない問題
  3. 依存性の問題

クラウドコンピューティングの実例

  • Google
    • 無償のクラウドコンピューティングサービス。
      • 「Gmail」・・・大容量(数GB)のメールの記録が可能。WEBメールの優れたユーザビリティ。
      • 「Google apps」・・・マイクロソフトのOffice「ワード」「エクセル」と基本的な互換性のある、ブラウザ上で操作可能なワープロ・表計算機能。
  • salesforce.com(セールスフォース・ドットコム)
    • 安価で多機能なCRMシステムのクラウドコンピューティングサービス。
      • 顧客管理・営業支援機能のSaaS型CRM「Salesforce CRM」
  • Amazon
    • 商用のクラウドコンピューティングサービス「Amazon Web Services」
      • オンラインストレージサービス「Amazon S3」(Amazon Simple Storage Service)
      • 仮想サーバのレンタルサービス「Amazon EC2」(Amazon Elastic Compute Cloud」
      • データベースサービス「Amazon Simple DB」

関連書籍


[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
OpenPress オープンプレス|無料のプレスリリース投稿
気になる現在・時事用語 気になる経理用語辞典


Last-modified: 2009-02-04 (水) 02:50:30 (3575d)


Copyright © WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社