WEB2.0

2004年頃から登場し始めた、次世代のWEBのあり方の概念。
WEBの初期状態をWEB1.0とした場合、2004年頃からの次世代のWEBのあり方をWEB2.0というバージョンアップとしてとらえている。

WEB1.0

  • 1990年代後半頃のWEBの概念。
  • 特徴としては下記がある。
  1. 情報発信者は企業やプロフェッショナルな個人が中心
  2. 大多数のユーザーはWEBの情報は閲覧用途が多く、受け身の状態

WEB2.0

  • 2004年頃以降の新しいWEBの変化とトレンドの概念。
  • 特徴としては下記がある。
  1. 幅広いユーザー参加による情報発信・交流・情報選択・コンテンツ作成
    1. ブログ
    2. SNS
    3. 集合知
      1. 口コミ掲示板
      2. ソーシャルブックマーク
      3. Wiki
    4. ポータルサイト等でのカスタマイズされたマイページ機能
      1. iGoogle
    5. ネットワーク上でのファイル共有
    6. ベータ版による開発手法
  2. WEBの価値の上昇
    1. プラットフォームとして新しいサービス・機能の登場
      1. WEBブラウザ上でスケジューラー、電子メール、ワープロ、表計算の利用等
    2. Ajax等によるリッチなユーザー体験
    3. 従来では無視されてきたロングテイルの価値上昇
  • 「WEB2.0」の用語は、2004年頃にO'Reilly(オライリー)社とMediaLive International社によるブレインストーミングから生まれた。

関連用語

関連書籍


[ 戻る ]

トップ 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS


姉妹サイト:
OpenPress オープンプレス|無料のプレスリリース投稿
気になる現在・時事用語 気になる経理用語辞典


Last-modified: 2008-12-23 (火) 02:14:09 (3522d)


Copyright © WEB・携帯(モバイル)サイト開発とSEO対策の和道株式会社